中学受験を始める際に把握しておきたい情報を確認しよう

志望校に受かるために把握しておきたい情報はこちら

学生

成功する塾選びのコツ

中学受験で志望校に合格するためには、塾に通うことがベストな方法と言えるでしょう。そこで、今回は塾選びのポイントなどをまとめました。塾選びのコツを把握して、お子様に適した塾を選択すると良いですよ。

READ MORE
医学部に推薦の申し込み役立つ情報を確認
専門学校一覧を一挙大特集♪自分に合った学校を見つけよう♪

中学受験を始めるにあたって

生徒

塾選びは慎重に行う

中学受験の勉強はいつから始まるのでしょうか。それは「塾に通い始めた日」ということになります。中には塾に通わずに中学受験を行なう人もいますが、多くの人は中学受験のために塾に通います。そして、勉強は塾のテキストを使用して、塾にカリキュラムで進めていきます。すなわち中学受験の中心は塾にあると言えるでしょう。その大切な塾を選ぶ際にあたって、情報収集もあまりせず短期間で決めてしまう人も少なからずいます。お子様が2~3年間通うことになる塾なので、出来ればお子様に合った信頼出来るところを選びたいです。また、選んだ塾が想像と異なっていたりしても慌てる必要はありません。塾を途中で変更することも珍しくはないので、お子様に合う塾を探していくと良いですよ。

希望校を複数校見つける

よく偏差値を重視している保護者がいますが、それが全てだとは限りません。偏差値というものは学校の価値を決める一つの尺度ではありますが、お子様が中学受験を終了して入学した中学・高校に通っている6年間の間に変動することも多々あります。入学時は入るのが非常に難しかった学校も卒業時にはレベルが下がっていたなんてことも珍しくはありません。各学校にはそれぞれの個性があります。最近では英語教育に力を入れている学校もありますよ。そのため、偏差値以外でも学校に様々な価値を見出すことが出来ます。そうした価値を見出すと、その学校にお子様を通わせる意義や辛くて厳しい中学受験を乗り越える意思も見えてくるでしょう。

塾に通い始めるタイミング

中学受験をするお子様を持つ保護者が気になるということと言えば、「塾に通うタイミング」になるでしょう。塾に通うタイミングは人によって違いはありますが、基本的には中学受験を行なう場合、小学4年生から塾に通わせると良いでしょう。大手の進学塾などでは中学受験に直結するカリキュラムは4年生からスタートするところがほとんどです。4年生から塾に通っていれば、必然的に中学受験合格レベルに育つ可能性は高くなりますよ。また、家庭学習で勉強する癖がしっかりとついていて、難しい問題でも取り組む訓練が出来ているお子様なら、5年生でも間に合います。そうでなければ、小学4年生から通わせるのが無難です。

低学年では自宅学習を中心に

一方で「低学年から塾に通わせなくていいのか?」との声をよく聞きます。これについては、どちらでも問題はありません。しかしながら、有名な最難関中学校を受験する場合で、子供が負担を感じないのであれば低学年から進学塾に通わせることがおすすめです。なお、塾通いを成功させるポイントとして、低学年の頃から自宅学習で学習習慣を身に付けることがあります。「小学4年生になったら勉強しろ」と急に言い始めても素直に聞き入れてくれることは難しいです。そこで、低学年から興味のあることを調べさせる癖や少しの時間でも良いので、毎日机に向かう習慣を身に付けさせることが大切になります。それらが、中学受験の勉強にも繋がっていきますよ。

塾通いにかかるお金について

中学受験を考える際に避けては通れない塾ですが、最難関や難関校を目指して小学4年生から塾に通った場合の3年間の授業料などは合計で約230万円になります。これに塾に通うための交通費や受験料も考慮すると、よりお金がかかる計算になります。そこで、塾代を抑えるポイントは志望校に見合った塾に通うことになります。中堅校を志望しているのに、トップレベルの塾に通わせているケースもありますが、中堅校合格をターゲットにしている塾に通うと小学4年生で約30万円、小学校5年生で約50万円、小学6年生で約70万円となり、大手進学塾と比較しても割安になっています。また、中堅校を目指している場合は学校の勉強をしっかりとやっていれば、通塾は小学5年生からでも間に合いますよ。